パチンコやスロットのし過ぎで腱鞘炎になるのは本当なの?【注意】意識改革や予防と対策は勝つことにつながる

cr.画像.2

「パチンコやスロットのし過ぎで腱鞘炎になるなんて本当にあり得る話でしょうか?」

結論から言うと、腱鞘炎はパチンコスロットユーザーの誰にでもあり得ることなのです。


ですから、一般的には、関係ないと感じることかもしれませんが、パチンコは、お金のかかった真剣勝負ですから、これらはあなたにも起こりえることなのです。

そこで、今回は、腱鞘炎にならないための対策と身をもって体験した実践を踏まえて書いていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコやスロットのし過ぎで腱鞘炎になるのは本当なの?ー



CR画像.4

繰り返しになりますが、パチンコやスロットごときで、本当に腱鞘炎になるのかと疑問に思うかもしれませんが、本当なのです。

というのも、一般的には「パチンコで腱鞘炎」などと、こんな話は聞いたことがないと思います。


実はこの話、パチプロやスロプロ、セミプロに特に多いのです。

しかも、「パチンコやスロットの打ち過ぎ」という量の問題ではなく、体勢や姿勢の問題も大きいのです。


さらに、パチンコスロットユーザー多くの方が無意識の中で、腱鞘炎になる可能性があるのです。

ついては、「パチンコスロットで腱鞘炎になってしまった」というのもなかなか表立って言えないことだとも思いますし、腱鞘炎にならないように注意をすべきでしょう。


ーパチンコで腱鞘炎になる主な原因とは?ー



CR画像.4

さて、腱鞘炎になる原因はなんなのでしょうか?

当然ですが、パチンコはお金がかかった大事な勝負ですので、99%の方が真剣にやっていることでしょう。


しかし、そうはいっても、ハンドルへの意識をかたむけていることはないのです。

つまり、無意識にハンドルを握る手や手首には、本人が意識をしていなくても負荷がかかっているのです。


さらに、ハンドルがメーカーによっては堅いものがあり(西陣など)、この体勢を維持していること自体にもストレスがかかっているのです。

とくにプロなどの場合は、ストップボタンやハンドルの位置などを目まぐるしく動作させており、ポイントに集中して疲労がたまりやすくなっているのです。


ースロットで腱鞘炎になる主な原因とは?ー



cr.画像1

また、同様にスロットでも腱鞘炎は十分にあり得る話なのです。

特にスロットには自力で小役やボーナスを揃えなければ損ともなり、そのためには目押しというものが絶対的に必要です。


そこで、目押しの際にボタンを押す手や指に力が入りすぎたりしている時間が長く続いたりするのです。

しかも、これもパチンコと結局は同じ理屈で、無意識なのが問題なのです。


肩や手首や、そして指などに無意識に力が入っていて、負荷がかかっているのです。

実践を終了して後や翌日などに、肩がやけに凝ったり、首が痛かったり、手首が疲労したりするのはそのせいなのです。


ーパチンコのハンドル固定禁止で腱鞘炎患者が増加するの?ー



CR画像.1

近年になって風営法上、パチンコは遊技だから「ハンドルの固定を禁止しています」ということを言われております。

率直に、「これ、バカなんじゃない?」という話でもあります。


というのも、その通りにやっているとても疲れるというのは容易に想像がつきます。

つまり、ハンドル固定をしないでやっていると、腱鞘炎になる可能性が大で、腱鞘炎患者が増加する可能性があります。


現実は、お店側も黙認状態で、お客も誰も守っていないと思いますが、遊技客からすれば、できるだけリラックスした体勢で遊技していくことが大事です。

ですから、ならなくても良い腱鞘炎を予防するためにも、無理にハンドル固定を控える必要もないでしょう。

ーパチンコでは手首が痛くなったら危険信号なの?ー



cr.画像.2

「あれ?おかしいなぁ。右手首が痛い…」

もし、あなたがパチンコを打っていて、こんな現象が起こったら危険信号です。


腱鞘炎になった場合は、すぐには治りませんし、安静にしておくことが重要となります。

よって、残念ではありますが、パチンコを少し控えるようにしましょう。


第一に、パチンコは打ち手の健康あっての稼働や実践ですので、健康を損なっては元も子もないのです。

体調不良で勝負をしても良い結果は得られにくいものだということも覚えておきましょう。


ースロットでは腕やひじが痛い場合は危険信号なの?ー



CR画像.1

また、スロットの場合は、腕や肩、肘などを常に動かしている状態となります。

各部に痛みが生じた場合は、危険信号となりますので、すぐに休息をと取るべきでしょう。


その際、パチンコ同様に少しばかり稼働を休んでおく必要も出てくるかもしれません。

スロットを打つことはパチンコ以上に体力が消費することも覚えておきましょう。


加えて、毎ゲームでの目押しによる眼精疲労の頻度もパチンコより多くなる傾向にあります。

特に目押しに慣れていない場合の初心者においては、注意をしておかなくてはならないでしょう。


ーパチンコの腱鞘炎の予防と対策とは?ー



CR画像.3

腱鞘炎になると、基本的に動かさないほうが良いので、残念ながら、パチンコはなかなか打てなくなります。

ですから、パチンカーたるもの、なるべく、痛くなる前に予防しておきたいところです。


定期的にハンドルから手を放し、ストレッチなどをして、休息を与えるようにしましょう。

唯一、電サポ中は、基本的に電チュー保留で消化しないと大当たり出玉が不利になりますので、注意が必要です。


この間においては、ヘソ保留などが残っていてなかなか手が離せない状態の場合もあるかもしれません。

その際は、そこまでの連チャンは、なかなか無いことでもありますし、気合で乗り切ってください(笑)


ーまとめー



CR画像.4

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・腱鞘炎はパチンコスロットユーザーなら誰でもなる可能性がある

・腱鞘炎になってしまった場合は、パチンコスロットの稼働を休み、整形外科で治療すること

・腱鞘炎の予防では、手首や腕を中心に体全体に負荷をかけないように意識する必要がある



パチンコやスロットは遊技とは言っても、お金が前の前で動くものですので、そこだけにとらわれてしまうことも多いのです。

体は一番の資本でありながらも、欲や感情に支配されてしまえば、このような支障をきたすこともあるでしょう。


勝つパチンコやスロットは欲や感情に支配されず、本来ではリラックスした状態こそが万全の勝負や戦いができます。

そして、良い結果が得られるものでもあることを覚えておきべきだと思います。


コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング