パチンコはヒキが強いや弱いとはどういう事なの?【解説】ヒキやツキ指数と計算、算出方法

CR画像.1

「パチンコのヒキが強いや弱いとはどういう事ですか?」

確かにパチンコユーザーの中では「ヒキが強い」や「ヒキが弱い」などと言うことが多々あります。


結論から言うと、ヒキが強いや弱いを知らないと勝てないパチンコに一生振り回される事になるのです。

そこで、今回は、ヒキが強いや弱いとは一体とういう事なのを解説していきます。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコのヒキが強いや弱いとはどういう事なの?ー



CR画像.1

まず、ヒキとは、わかりやすく言うと運のことです。

「ボーナスを引く」や「大当たりを引く」事に対して、一時的に多ければ「ヒキが強い」及び逆の場合は「ヒキが弱い」というのです。


つまり、パチンコは目の前の抽選結果は、お客側から見ればこのヒキが強い弱いの繰り返しになっているのです。

また、これが一つの喜怒哀楽でもあり、パチンコの楽しみでもあると言えます。


更に、この繰り返しを経た際の収支がどうなるかと言うと、大半のお客が負け(収支がマイナス)になるのです。

なお、このヒキや運については別記事でも書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

パチンコは運がないから勝てないの?【徹底解説】運の要素を排除することが重要


ーパチンコにヒキは関係ないのか?ー



CR画像.1

「パチンコにヒキは一切関係ないのか?」

実は、抽選確率は変動している訳でもないので、本当はあまり関係がないのです。


なぜなら、結果を長期的に見てしまえば、それはもうヒキの強さや弱さではなくなるからです。

具体的にはパチンコで10回、100回と実践をまとめた場合の結果は、それはもうヒキが原因ではなくなります。


つまり、「目の前の当たりやハズレはヒキだが、勝つ事(収支をプラスにすること)はヒキではない」のです。

長期的な視点を無視して打っている人が大半ではありますが、そもそも勝つことは長期的にプラス収支でなくてはならないのです。


ーパチンコは実はヒキだけで勝てる人もいる?ー



CR画像.3

ヒキは関係ないと言いましが、実はヒキだけで勝てる人もいて、すべて否定できないのです。

というのも、抽選確率は偏りますし、それが良い方に偏る場合があります。


更にここで問題となるのが、お客の稼働時間です。

つまり、稼働時間が少ない人ほど、ヒキが大きく関係し、影響してくると言えます。


稼働時間の少ない人が多いからこそ、これだけ「ヒキ」という言葉が世に広まっているとも言えるでしょう。

ですから、長期的にヒキで勝っていると言ってもここにはお客側の都合も大きく入り込んでいるのです。


ーパチンコのヒキを強くする方法はあるのか?ー



CR画像.1

「ヒキが弱いです。ヒキを強くする方法はありますか?」

たまにこのようなお悩みや問いをいただく事があります。


ですが、そんな方法があったら皆、苦労しませんし、億万長者です。

ただ、「ヒキを強くするおまじない」として、覚えておくべき思考と行動を覚えておきましょう。


「他人の当たりを喜べるようになる事」

「日頃の行いを省みる事」

ーパチンコの理論上のヒキ、ツキ指数とその計算方法とは?ー



CR画像.1

さて、運勝ち(負け)やツキ勝ち(負け)を数値化したものを、わたしたちは、ヒキ(ツキ)指数と呼んでいます。

今回は、ヒキ指数を計算、算出してみたいと思いますので参考にしてみてはいかがでしょうか。


まず、理論上の当たり回数を見ますが、これは”理論値通りに当った時の当たり回数”です。

その為には、まずは、理論上の当たり回数を求めていきます。


「理論上の当数=通常回転÷トータル確率」


CR画像.3

例)大海物語スペシャルアグネスラムSAP13
(トータル確率1/40、通常回転1000プレイ時)

「1000÷40=25」
(理論値(確率通りに当たった場合は、25回当たりが得られる)


ーパチンコの実際のヒキ、ツキ指数の算出方法とは?ー



CR画像.3

運指数を計算し、そして、実際に得られた当たり回数を照らし合わせます。

「実際に得られた当数÷理論上の当数=ヒキ(ツキ)指数」


(例)上記の例より、理論上の当数は25回、実際に得られた当たり回数が10回とします。

式に当てはめると、「10÷25=0.4」となります。


なお、運(ツキ)指数はパーセンテージで表現します。

よって、答えは40%となります。

実際には、当たり回数が4割程度しか取れていないことになります。


ーパチンコのヒキ、ツキ指数は100%でも負ける理由とは?ー



CR画像.1

ヒキ指数100%でいわゆる、「欠損が無い状態」(当たりが、理論値通りに得られている)となります。

この状態のときに、必ず、収支がプラスになっていなくてはなりません。


つまり、期待値というものを得られていないと、運指数は100%でも負けということになります。

なぜ、負けているのかをズバリ言うと、釘による差玉が残っていないためです。


逆に言えば、それなりの期待値を得ていれば、90%や80%でもプラス収支となります。

わかりやすくいうと、「パチンコは、少しくらい当たりが足りなくても勝てる」ということです。


ーまとめー



CR画像.3

まとめになりますが、重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコの当たりハズレは確かにヒキやツキだが、勝つことはヒキやツキではない

・パチンコは短期的な視点ではヒキ次第だが、長期的な視点になるほどヒキやツキは関係がなくなる

・ヒキの強さや弱さは指数として算出が可能であり、数値化すると客観的な把握が鮮明になる



周知のとおり、パチンコは確率ですので、短期的になればなるるほど、かたよるものなのです。

引きが強い、運が良かった(当たっている時)は良いかもしれません。


しかし、釘の良い台を打っていたとしても、ヒキ、ツキ指数50%程度という、いわゆるヒキが弱すぎる場合も多々あります。

その際には苦しい戦いになりますし、当たりが重い時や苦しい時に、自身のヒキ(ツキ)指数を見つめ直すことがとても大切です。


また、「よりどれくらいの期待値の台を打っていくべきか?」を考察することも重要です。

何より、スペックの確認や安定性の確認にもなり、自己を客観視することはメンタル面でも大きな向上につながるはずです。


コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング