パチンコスロットの出玉を飲まれて負ける恐怖感とは?【重要】プロスペクト理論を解説

cr.画像.2

「大当たりで得た出玉が全部飲まれてしまって負けた時は、余計に悔しくないですか?」

結論からいうと、この心理を持っていると、勝負としてもとても勝ちにくくなってしまうのです。


とは言え、この感覚や気もちは100%人間は持っているもので、捨てきるのは簡単な事ではありません。

そこで、今回は、この心理が果たして、どのように勝負に影響が出てくるのかを考えながら、対処や改善に向けて解説していきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコスロットの出玉を飲まれて負ける恐怖感とは?ー


CR画像.1

「せっかく得た出玉は、絶対に飲まれたくない!もったいない!」

パチンコスロットをやっていると無意識に、このように感じた事があるのではないでしょうか?


わたしたちはなぜ、このような心理におちいってしまうのでしょうか?

実は、本質的に、得た利益を無くしてしまうことへの恐怖を持っているのです。


ですから、パチンコスロットで得た利益である出玉というのは、是が非でも確保したいのです。

しかしながら、この恐怖感のせいで、勝負で一番重要なはずの優位性を見失う事になるのです。


つまり、知らず知らずに本当の勝ちを逃してしまうことにもなってしまうのです。

よって、勝ちたい方は恐怖心を捨て、優位性を保ったうえで、いかなる時も冷静に勝負を展開していく事が大切なのです。


ーパチンコスロットは粘ると負ける場合が多いの?ー


CR画像.1

「粘ると負けることが多いし、即ヤメしたほうがいい…」

「何回転でやめるべきだろうか…」



具体的にこのように当たる前までは全く気にならなかった事が、いざ当たったら何回転回でやめるべきかをずっと考え悩んだりします。

つまり、勝ち逃げする事で頭がいっぱいになる場合も多いはずです。


結果、勝ち逃げをして出玉が飲まれる前にやめておけば良いのかというと正解がなく、それは問題解決に至らないのです。

なお、この件は別記事でも書いていますので、そちらを参考にお願いします。

パチンコやスロットで勝ち逃げする方法はあるの?【徹底解説】長期的なプラス収支を実現するために重要な思考


ーパチンコスロットで即ヤメする行動は間違いなの?ー


CR画像.4

さて、この出玉を飲まれたくない気持ちの最たるパチンカーの間違った行動があるのをご存知でしょうか?

それは、主に以下の2つだと考えます。


・出玉はあるけど、ひたすら現金投資している

・少し出たらすぐ即ヤメ出玉流して交換し、別の台を現金で打っている



これらは、一見では、パチンコ屋の中で何気なくもよく見かける光景かと思います。

交換率ギャップがあれば、どちらがお得なのかは言うまでもなく、冷静に考えればいたって単純で基本的な事なのです。


ーパチンコスロットで出玉を飲まれる恐怖感に勝つ為には?ー


CR画像.4

出玉で粘るとはいっても「出玉があった際に、無鉄砲に打ちこめ」という事ではありません。

そのうえで基本的には「もったいない」と思う気持ちは大事でもあります。


つまり、大半の方は、もったいない気持ちを生かす方向が間違っているのです。

というのも、勝つパチンコでも”節約”は必須条件です。


パチンコスロットは、玉やコインを残すゲームであり、いかなる時も玉を極力節約しながら打っていかなければなりません。

だからこそ、わたしたちは、釘の良い台を選んでいるわけです。


ですから、「もったいない」という気持ちを、第一に節約に向けなければならないのです。

もしそれ以外の節約をしているとすれば、それは、方向が間違っていると言え、賢い勝負とも言えなくなるのです。


ーパチンコスロットのプロスペクト理論とは?ー


CR画像.1

そもそも、これらの行動は「損は確定したくないが、利益はすぐ確定したい」というものです。

そして、このせいで、逆に不利な勝負を繰り返してしまい、自ら勝てなくしてしまっていることも一理あるのです。


じつは、行動経済学の観点からは、これは「プロスペクト理論」というものになります。


「投資がかさめばかさむほど、取り返したくなる」

「少しでも勝ってるうちに辞めたくなる」



この心理は、誰しも持っているものだと考えられ、結果、長い目で勝ちにくくなったり、又は勝てなくなるのです。

また、ギャンブルとはこのような心理をうまく利用していることも覚えておかなくてはなりません。


ーパチンコスロットでのプロスペクト理論の影響とは?ー


CR画像.1

パチンコスロットを含み、ギャンブル全般においても、勝つためには”損小利大が鉄則”となります。

一見では「勝つときは大きく勝ち、負けるときは小さく負ける」とは、簡単そうな感じがします。


しかしながら、不思議なことに人はどうしても、勝つときは小さく、負けるときは大きくなってしまうのです。

つまり、わたしたちはなんとか”ここを逆”にしなければならないのです。


実際に、皆さんも落ち込むほど、「大負けしたなぁ」という経験が一度はあると思います。

しかも、大負けとは長いスパンでの大きな負けという意味です。

具体的には、月間や年間でので数十万単位での負けをしてしまうとなれば、まさにプロスペクト理論の影響が大きいと考えられます。


ーパチンコスロットでプロスペクト理論をモノにするにはー


CR画像.3

逆にすると言っても、この理論や心理は口で言うほど簡単にくつがえせるものではないと考えています。

少しずつ出来るだけ排除していくにしても、収支記帳をはじめ、ある程度の知識や訓練が必要でしょう。


ひとつのさきがけとして、パチンコスロットの機械割(ペイアウト)はお金ではなく、玉やコインで計算、算出されています。

よって、お金で計るのではなく、まずは、玉数やコイン枚数でとらえなければならないでしょう。


また、短期的な収支の動きである終日の勝ち負けに一喜一憂しないようにしていく事も重要だと考えます。

便利なツールなども多い中で、継続するにあたっても、すぐに投げ出す人が大半ですから、高い継続の意思を持つことも重要でしょう。


ーパチンコスロットの「飲まれる」という意味とは?ー



CR画像.4

パチンコにおいて、飲まれることの意味は、おおむね「大当たりして獲得した出玉が飲まれる事」を指しています。

しかしながら、獲得した出玉を飲まれること以外にも重要な部分があると考えます。


というのも、「その場の空気に飲まれる事」や「自分自身に飲まれる事」がもっと危険でしょう。

言い換えれば、熱くなってしまったり、調子に乗ってしまったりする事なのです。


よって、「パチンコスロットで飲まれる」と一言で言っても、実は深い意味があるのです。

ユーザーにおいては、意味をしっかり理解し、第一にその場の空気や自分に飲まれないように注意しておきましょう。


ーまとめー


CR画像.3

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコスロットやギャンブルにおいて、出玉を飲まれる恐怖感やもったいない心理は誰でも持っている

・パチンコスロットで勝つためにはプロスペクト理論を学び、恐怖感や心理を克服する必要がある

・本当の恐怖は、ホールの空気や群集心理、自分自身に飲まれてしまうことである



大切なことは、この言葉かもしれません。

「勝ったときに謙虚な気持ちに戻り、目の前の事にとらわれず、冷静に先を考える事が出来るのか


なぜなら、勝ったときに何もしない人は、負けたときにはもっと何もしないでしょう。

さらに、「せっかくの出玉が飲まれた」や「コツコツの勝ち分が飲まれた」などを気にしているそんなあなたの心に刻んでほしい大切な言葉だと思います。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング