パチンコの台選びのコツはあるの?【完全解説】9割の人にありがちな間違った立ち回りとホール攻略

CR画像.3

「パチンコの台選びでコツはありますか?」

結論から言うと、確かに勝つパチンコにおいての台選びのコツはあるのです。


そうは言っても実際には、視点や立ち回りにて台の選び方がわからない方も多いと思います。

そこで、今回は台選びにおけるポイントを徹底解説していきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの台選びのコツはあるの?ー



CR画像.1

台選びのコツと一言で言っても単純なものではなく、簡単なことではありません。

なぜなら、勝てる台を選ぶためにはお店の意図を読んだり、推察する必要があるからです。


店内に設置されているたくさんの台の中で、勝てる台というのはごくわずかです。

その台にたどり着くために勝てる機種選び、勝てる台選びを慎重に行っていくことが大切なのです。


そして、台選びのコツとしての視点やプロセスの中で無視できない部分は釘調整となります。

勝てる台選びのコツとしては、何よりも釘の良い台を選んでいき、その方向に向かって行動していくことがポイントです。


ーパチンコの台選びで多くの人がやってしまう間違った行動とは?ー



CR画像.1

パチンコの台選びの際に多くの人がやってしまうことがあります。

それは、”自分の打ちたい台を打ってしまうこと”です。


しかしながら、「自分の好きな台だから…」や「新台で打ちたかったから…」という理由で打って勝てるほどパチンコは甘くないのです。

このような間違った立ち回りをしてしまうと、勝てる台とは関係ない台選びをしてしまうことになります。


ですから、勝ちたいのであれば、まずは、間違いに気が付くことがとても大切です。

そして、惰性や欲、気分だけで台を選んで打つことを極力控え、今すぐ立ち回りを見直すべきでしょう。


ーパチンコの台選びは釘が基準なの?ー



CR画像.1

パチンコの勝つ為の台選びは、ボーダーラインを超えている台であり、つまり釘調整の良し悪しにかかっています。

よって、まず、見るべきは釘であり、実質的には”釘のみ”だけで良いです。


現状で設定搭載機もありますが、設定の良し悪しの前に釘の良し悪しが重要です。

つまり、釘が良い上で設定推測の段階にいけるわけで、釘が良くなくては、設定推測も何も始まらないのです。


というのも設定はそこまで期待できるものではなく、パチンコにおいて見えない部分はないと考えるべきものです。

台選びにおいて、現在においても釘がすべてであるということを覚えておきましょう。


ーパチンコの台選びでデータランプはどう活用すれば良いの?ー



CR画像.1

台選びの際のデータランプについてですが、勝つ為には過去のデータ履歴はほぼ関係ないと言えます。

これは、パチンコの抽選の仕組み上からも回転数(プレイ数)から、出る台や当たる台、爆発する台の予測は無意味となります。


ただ、全く関係ないかというと、そうでもなく、設定搭載機においては多少は高設定予想の要素となります。

大当たり回数が多いほど高設定の可能性が高くなりますので、その点ではデータも見ないよりは見たほうが良いでしょう。


また、データを見る際は、稼動量の良し悪しの目安ともなり、これがデジパチでデータの活用できる場面となります。

つまり、「プレイ数が多い」→「稼動が良い」→「釘が良い可能性がある」と言った程度です。




ーパチンコの台選びでの重要なポイントとは?ー



CR画像.4

重要なポイントですが、パチンコで勝つことは、ある意味では、「ホールと客の心理戦に勝つこと」でもあります。

通常では、欲や射幸心のみでやっているお客が大半です。


つまり、お客側は、なにも考えないでいるうちは、いつまで経っても優位性はホール側にあるのです。

ですから、心理戦においても、負けていると言えるのです。


さらに熱くなったり、感情的になったり、欲望に支配されたりしてしまえば、勝負そのものの結果は見えているわけで、心理戦以前の話となるでしょう。

勝ちやすい店を見極めるポイントとして、お店側の意図や意思をちゃんと心理的に見極めていくことが大切です。


ーパチンコの台選びで釘から読み取れることとは?ー



CR画像.1

ホールの意図や心理を読むと言っても、もとをたどれば、釘調整や設定を扱うのも人間です。

よって、釘調整や設定を扱う担当者の心理を読むということでもあるのです。


パチンコの場合は、釘が表からも見ることができ、ある意味では、表から意図(心理)が見えると言えます。

また、設定搭載機は、スロット同様に、表から機械割(設定)が見えないため、読むことが、とても困難になります。


例えば、「釘を開ける」や「設定を入れる」ということは、お店側からすれば稼働を上げたい、その台を長く打ってもらいたいということなのです。

逆もしかりですが、釘を調整する人や設定を扱う人の意図や意思がそこにあるのです。


ーパチンコで台選び考察の際の見極めポイントとは?ー



CR画像.3

これまでより、あなたがホールに入った瞬間に目についた場所が、実は、”釘が設定が甘くなっている可能性の高い台”でもあるわけです。

スロットの場合は、高設定が出玉につながることが多いので、高設定が入っている可能性もあるのです。


ただ、そうは言っても、ホール側も単純ではなく、すなおに島の端っこの台が、良釘台や高設定台になっているということではありません。

例えば、角から3台の中に1台高設定があったりという感じが多いかと思います。


釘調整や設定にメリハリをつけたり、または、どの台も大差が無く平均的したりなどはホールの裁量次第だと言えます。

あくまでも、台の的を絞るための着眼点として、参考程度に覚えておいてほしいと思います。


ーまとめー



CR画像.1

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコの台選びにおいて、勝つことを目的とするならば釘の良し悪しが基準となる

・パチンコの台選びでは欲や感情は捨て去り、打ちたい台を打つのではなく、勝てる台を打っていく必要がある

・パチンコの台選びにおいてデータは設定付きパチンコは多少あるが、それ以外は関係がなく、あてにならないと言える



台選びは立ち回りの中の大半を占める要素でもあり、勝負台を選んでしまえばその日の仕事はほぼ終わったも同然と言っても過言ではありません。

それだけ重要な項目とも言えますので、以降の台選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。


コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

月別アーカイブ

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング