パチプロがおすすめする立ち回りとは?【究極解説】今すぐ実行すべき真の立ち回り15の法則

cr.画像.2

「パチンコのプロを始め、勝ち続けている人は普段、どんな立ち回り(行動)をしているのでしょうか?」

これらは初心者の方を始め、多くの方が気になっている部分ではないでしょうか。


確かにパチンコで長年勝ち続けている人には、それなりの勝ち続けられる理由があるのです。

そこで、今回は、そんな立ち回りの法則や実体をご紹介していきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチプロがおすすめする立ち回りとは?ー



CR画像.4


まず、立ち回りとは、「勝つ為の一つ一つの行動」のことです。

具体的には、有名なところで、店選びや台選び、推測、洞察などですが、実はこれだけではありません。


というのも、立ち回りは台と向き合っている場面以外も含んでいるのです。

つまり、勝てるかどうかは、「台と向き合っていない時間にどれだけ学習できるか?」でもあるのです。


そして、パチンコ及びスロットの勝つ立ち回りを理解し、いたって原始的かつシンプルであり、ごく当たり前のことを徹底しているのです。

プロなど現役で勝っている人たちは、以下より紹介する項目を着実に実行していることを覚えておいてほしいと思います。


ーパチプロの立ち回り方【1】収支記帳ー



CR画像.1

日々の収支や勝ち負けとともに中身にアプローチして、かえりみたり、行動をあらためたりすることは、とても大切なことです。

結果の前に、「立ち回りはきちんとできていたのか?」が重要でもあります。


日々の結果、そして月間での結果を振り返るためには、収支を記帳し、管理していくことが必須となります。

多くの方が負けた時は、収支や結果に目を背け、投げ出したくなるはずです。

しかし、まずは、目の前の勝ち負けや収支はおいて、根気よく収支記帳を続けていくことが重要なのです。


ーパチプロの立ち回り方【2】ルールやマナーー



CR画像.1

パチンコにかかわるルールというのは、さまざま存在しています。

その中で、基本とすべき部分は、”周囲に迷惑かける行為だけはしないように考えて、行動する”という、当たり前のことです。


しかしながら、パチンコユーザーの中には、この程度のことすらも守れない自己中心的な人間が多いのも一理あるのです。

また、このようなルールを守れない人間がより厳しい勝つためのルールを守れるはずがなく、勝てないのもある意味では当然なのです。

よって、第一にこれらのルールを守ることは、勝つためのルールを守ることでもあると認識をすべきです。


ーパチプロの立ち回り方【3】打たなくても釘を見るー



CR画像.4

パチンコユーザーの中で、釘が見れないという方は、じつに多いものです。

確かに、釘とは数ミリの差の世界ですから、簡単ではないかもしれません。


だからと言って、出来ない言い訳にはならないのです。

つまり、厳密には、”見れない”ではなく、”見ようとしない”のです。


これはいわゆる、”慣れ”(訓練)です。

釘の見るのはタダですし、打たなくても釘を見るようにすることで、徐々に読釘力の判断がつくようになると考えています。

釘読みは、勝つための大きな要素のひとつであり、力強い武器や防具になりますので、訓練をしましょう。


ーパチプロの立ち回り方【4】打つ台は予め決めておくー



CR画像.1

「勝負は、前日から始まっている」

こんな言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、パチンコでも同じなのです。


よって、打つ台や狙い台は、あらかじめ決めておき、数台程度の候補台を作っておきましょう。

出来れば、一店舗で3台くらいまではしぼっておくことで、無駄な動きや投資も抑えられるはずです。

さらに、下見をするなどをして、前日や数日前から決めておき、当日に迷走して、お金を散財しないようにしましょう。


ーパチプロの立ち回り方【5】一つ先を読んで行動するー



CR画像.1

周知かと思いますが、勝てる状況および環境とは、常に変化するものです。

よって、ある程度で良いので、立ち回りでは先を読んで行動することが大切です。


勝っている人が考えていることの具体的な例をあげておきたいと思います。


「この台を〇時まで打ったとしたら、いくらの投資がかかるか?」

「この台がダメだった場合は、次はどの台へ移動するか?」


これらを考えておき、想定しながら行動に移すことで、無駄な行動を限定し、つまりは、無駄な投資を抑えることにもつながるのです。


ーパチプロの立ち回り方【6】金額よりも玉数やコインで見るー



CR画像.3

似たことを別記事でも書いていますが、機械割において、先に見るべきものは、金額ではありません。

パチンコでは、「玉」であり、スロットは「コイン(メダル)」です。


ですから、玉数で「差玉」、または「差枚」で把握し、打っていくようにすることが重要です。

玉やコインがあっての差玉や差枚であり、そのあとに金額があるのです。

必ず、お金だけで見るのではなく、優先して見るべき部分を間違えないようにしましょう。




ーパチプロの立ち回り方【7】千円辺りの回転率を意識するー



CR画像.3

回転率の影響は、投資金額に大きく関わり、つまりは、回転率によって投資金額が大きく左右します。

利益を得るとなれば、投資額は少なくするのが当然の考えですし、むしろ、これが鉄則ともいえます。


そのためには、是が非でも回転率の良い台を打っていく必要がありますし、意識をしておかなくてはなりません。

むしろ、このご時世では、回る台のほうが良いことは明白で、周知のことでしょう。


まして、大事なお金を投資しているわけですから、何も考えずに打っていくのではなく、「千円辺りで平均何回転回っているのか?」を意識しながら実践をしていきましょう。


ーパチプロの立ち回り方【8】当たったら出玉面を意識するー



CR画像.1

投資金額と同時に、いっぽうで、直接的な利益にもなる出玉も重要になり、出玉によって利益が左右されます。

また、投資金額と同じく、機械割を上げるためにも出玉は多く取れたほうが良いに決まっています。


現実では、釘が締められ、お客の獲得出玉が少なくされていることが、当たり前の現状です。

しかも、そんな中で、利益に直結するにもかかわらず、出玉を意識をしている方が圧倒的に少ないのです。

この機会に、当たった際には、出玉面に意識を移して、観察していきましょう。


ーパチプロの立ち回り方【9】基本的に一台で心中するー



CR画像.1

釘が良い台であるならば、なるべく一台に腰をすえ、当たる当たらないに関係なく、時間まで打ち込むことが大切です。

その日は負けてもトータルで勝てばいいのです。


また、無闇な台移動は、展開が荒れ、結果的に収支が荒れる大きな要因となります。

もともと勝てるとされる釘の良い台は、少なく数える程度でありますが、そこにたどり着くのが目的です。

よって、台移動をすることは、必然的に少なくなるはずなのです。


ーパチプロの立ち回り方【10】稼働時間に合わせた確率の台を選択するー



CR画像.1

稼動できる時間は、あらかじめ、わかっている部分です。

その時間に合わせた台を選択していかなければ、逆に勝負が不利になってしまいます。


たとえば、稼働時間が終日(10時間程度)ある場合はミドル機やライト機、数時間程度の場合は甘デジという選択をしていくのがベストです。

なお、稼働時間は、本来の撤退時間の30分前までがベストとなります。

例えば、21時まで稼働すると仮定すれば、「20時30分の時点で確変や時短状態でなければ撤収」ということです。


ーパチプロの立ち回り方【11】資金に合わせた確率の台を選択するー



CR画像.1

懐事情という名の軍資金もあらかじめわかっている部分です。

パチンコは、「少ない金額でいかに長く打てるか」が重要となります。


ですから、少ない資金で一発逆転を狙うなどの一攫千金狙いは、実は逆効果です。

なお、ギャンブルとしての博打感覚で、パチンコを打ち続けることは負債が積み重なり、とても危険なことです。

大金を失うことのないように資金管理や自己管理することが大切なのです。


ーパチプロの立ち回り方【12】稼働データを細かくメモするー



CR画像.1

稼動データは、リアルタイムで常に記録しておいたほうがよいです。

具体的にメモする部分は主に、「回転数」、「当たり数」、「投資金額」、「回収金額」です。


道中で、熱くなってしまい、いくら投資したのかわからなくなるなどの感覚がマヒし、冷静さを失うこともありえるのがパチンコです。

このようにならないように、どんな台を打っていたのかなどの分析もあとあと重要となりますので、携帯電話のメモ帳やスマホなど便利な媒体が多いですし、記録をするようにしましょう。


ーパチプロの立ち回り方【13】撤退や撤収はいさぎよく行うー



CR画像.4

その日の実践において、理由はともかくとして、気持ちが乗らないことやパッとしない釈然としないということがあるかと思います。


「自分の思うようにいかない時」

「今日はなんだか立ち回りがダメだなと思った時」


要するに気持ちが追いつかないなどの、ダメだと感じた場合は、すぐに撤退することが大切です。

わたしたちには、次があるのですし、その日の勝負は手じまいして、気持ちを切り替えて、次を向くことが大事です。


ーパチプロの立ち回り方【14】体調管理やコンディション管理をするー



CR画像.1

体調が悪いときは、判断力や集中力がも欠けている状態です。

こんな時に、無理に実践をしても判断力や集中力がにぶっているため、内容も良くならず、良い結果にならないことも多いのです。


さらに、こんな日に負けこんでしまうと、さらに病が悪化してしまう可能性も高いと言えます。

よって、「休むこともまた戦法のひとつだ」と思い、切り替えることも大切です。

焦らず、1日くらい休んでも、まだまだ先があるということを自分自身に言い聞かせましょう。


ーパチプロの立ち回り方【15】稼働前後の店内や客の観察するー



CR画像.1

パチンコで勝つうえで情報収集は、とても重要となります。

よって、台と向き合っている時間のほかに、店内全体の張り紙やアンケート意見や、または、ほかのお客の行動など、いろいろと周囲を観察することが大切です。


実際の稼働時間も大事ではありますが、明日へのカテを得るためにも5分程度切り上げて、情報収集に費やしましょう。

パチンコ稼働でもスロットコーナーを観察するなど、入店時や退店時の1分~2分でも良いので、なにかが得られるかどうかはともかくとして、店内を一通り、見てまわりましょう。


ーまとめー



CR画像.1

まとめになりますが、ご覧のとおり、台と向き合っている部分よりも、下準備など台と向き合う前後の行動が大半です。

ですから、これがパチンコスロットの立ち回りの実体というものであり、上手い下手という話でもないと言えます。


なにより、「パチンコで勝つ立ち回り」は、台と向き合った後を考えるとシンプルなものなのです。

これらが嘘偽りなく現実に、「勝っている人が日々大事にしている内容でもあり、そして、現実に実行していること」でもあるのです。


項目ひとつひとつを着実に体得すれば、負けない鉄壁の立ち回りの実現ができて、それはもうプロレベルと言っても過言ではないでしょう。


コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

月別アーカイブ

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング