パチンコの大当たり抽選の仕組みとは?【超重要】当否のタイミングと完全確率・独立試行

CR画像.1

「パチンコの大当たり抽選の仕組みはどのようになっているのでしょうか?」

結論からいうと、大当たり抽選の仕組みを知らないと勝つ事は不可能と言っても過言でないのです。


抽選結果は勝ち負けというのもに直結する為、ほぼ100%のユーザーが気になるでしょう。

そこで、今回は、大当たり抽選の仕組みについて基本的な部分を解説しておきたと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの大当たり抽選の仕組みとは?ー


CR画像.4

まず、抽選のタイミングは「真ん中のヘソ(チャッカー)に玉が入る」とセンサーが玉の通過を確認して抽選となります。

厳密には、ヘソに入った瞬間に乱数を抽出し、デジタル始動時に照合します


つまり、ヘソに玉が入った瞬間に全てが決まっているのであり、これはいわゆる「一発判定方式」というものです。

そして、次に別途リーチ演出を選択しているのです。


抽選の結果が出るまでの一連の処理は、1秒もかからないと言われており、かなり高速です。

また、仮に4個保留の機種であれば、5つ目以上の玉がチャッカーに入っても抽選はしないというのは、保留4個機種という一般的で従来のパチンコ機の特徴となっています。


ーパチンコの大当たり抽選を行うメイン基板とサブ基板ー


cr.画像1

抽選面と演出面は二つの基板にて処理が分かれています。


・抽選に関連する処理→メイン基板

・リーチ演出に関する処理→サブ基板



ですから、抽選の処理とリーチ演出の処理は、別々に考えておく必要があります。

また、一度取り出された乱数は、書き換えられる事はないのです。

ですから、いくらユーザーがボタン連打やレバーを引いたところで、当たりやハズレはすでに決定されている状態なのです。


ーパチンコの大当たり抽選とリーチ演出の仕組みとは?ー


cr.画像.2

パチンコは抽選をした上で当たりかハズレかを決め、その後演出を決定する仕組みとなっています。


・当たりの場合→金保留や赤文字等の激熱系リーチ演出の選択率が高い

・ハズレの場合→青保留や緑カットイン等のノーマルリーチ演出の選択率が高い



ここで問題なのが選択率ですが、あくまで選択率の高低があるだけなのでハズレだっとしても激熱系演出を選択する可能性があります。

よくある「激熱リーチがはずれた」となるのはこの為です。


ーパチンコの大当たり抽選の仕組みを簡単にイメージすると?ー


cr.画像.2

パチンコは大当たり確率が1/100ならば、100個の中に1個当たりが存在し、その当たりを引くと表面的に図柄が揃って当たりとなります。

これは、デパートでよくある”ガラガラ回すクジ”をイメージすると良いかと思います。


ただ、例えば、ミドルタイプで大当たり確率1/300とあったとすると”素直に300個のクジの中から当たりクジ1個を取り出す”といった単純な構成ではありません。

どちらかというと「100/30000」や「1000/300000」というように分母や分子の数値がめまぐるしく値が変動しているイメージと言えるでしょう。


ですから、簡単と思うくらい当たる時もあるのですし、おかしいと思うくらい当たらない時もあるのです。

因みに当たり玉はその都度、中に戻しているイメージになり、万人に公平な抽選の仕組みを保っているのです。


ーパチンコの大当たり判定の仕組みに大きく関わる乱数とは?ー


cr.画像1

パチンコの抽選や当たりの仕組みは、乱数アルゴリズムというものが大きく関係しています。

乱数とは、無数の数字が不規則にならんでいる事を指しています。


そして、この乱数のアルゴリズム(構成や仕組み)によって大当たりの判定を行っているのです。

更にその配列された表である乱数テーブル(通常テーブルと確変テーブル)を参照して、合否の照合をしている訳です。


例えば、通常テーブルで「10番が通常当たり」、「11番が確変当たり」なら、抽選時に11番の乱数を引いていて、照合の際に通常時状態だったなら確変当たりとなるのです。

よって、抽選や当たる仕組みは、人間の領域を超えたもので、はるかに複雑で荒れる仕組みなのです。


ーパチンコの抽選の仕組みと完全確率の関連とは?ー


CR画像.1

パチンコは確率により毎回独立した抽選を行っている事から以下のように考える事ができます。


「過去の抽選結果は現在や未来の抽選結果に一切影響を与えない」


具体的には過去の履歴が大ハマリしていようが、爆発していようが、”現在の抽選には、一切影響は無い”と言えるのです。

よく言われる「パチンコが完全確率で独立試行である」というのは、これが理由でもあります。


結論としては、パチンコは完全確率の独立試行と思っても良いでしょう。


ーパチンコの大当たり抽選の仕組みが複雑になっている理由とは?ー


CR画像.3

このように構成が複雑化している理由は、極力お客の射幸心をあおる為やセキュリティーの為です。

お金が大きく動く産業の中で単純な仕組みだとすぐ攻略されてしまってたり、ゴトなどの被害にあってしまうのです。


実際に梁山泊(大きな攻略軍団)に攻略されていた過去もあり、その際は乱数を狙われ、荒稼ぎされていたのです。

よって、攻略への警戒や不正を防止する理由も大きく関係していると考えられます。


これらより、私たちが考えるべき事は、私たちが思うほどパチンコは単純な仕組みではない事なのです。

この意識を持ち合わせていないと、必ず、想像以上の痛い目を見る羽目になるのです。


ーパチンコの抽選の仕組み上から大当たりは狙えるの?ー


CR画像.4

現在において乱数を狙えるのかどうかですがは、結論としては不可能です。

まず、乱数の周期からも一周0.5秒と言われており、もし可能であれば人間ではありません。


更に乱数は終了した位置から再スタートではないプラス乱数方式というものがあり、どの位置からスタートするかもわからないのです。

ですから、体感機などで周期を狙う事や乱数直撃を狙う事なども不可能なのです。


よって、これまでの抽選の仕組みから、常識的に考えても大当たりは狙えるものではない事が分かります。


ーパチンコの大当たり抽選の仕組みはホルコンが握っているの?ー


CR画像.3

「ホルコンが台に当たり信号を送って制御しているのでは?」

一部ではこのような事も言われていますが、ホルコンは遊技台の情報を吸い上げているだけの機械です。


遊技台の構造上、中の抽選をしているメイン基板は外部からの信号を受け付けてはいけない決まりなのです。

正規では受信部分もなく、受信できるプログラムもないのです。


つまり、ホルコンなどの外部機器は抽選とは一切関係がないと言え、大当たりには何も因果関係はないのです。

誤解しやすいのですが、改めて、大当たり抽選とホールコンは別ものであると理解しておきましょう。


ーまとめー


CR画像.1

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・パチンコの抽選のタイミングは、ヘソを玉が通過した時点であり、当否から演出まで全てが高速で決定されている

・パチンコの大当たり抽選の仕組みは攻略やゴトを防止する為に複雑な乱数で構成され、大当たりを狙う事は不可能である

・大当たり抽選の確率は、毎回公平な独立した抽選なので、完全確率や独立試行が成り立つと言っても良い



勝ち続けているプロをひっとうに使用する正攻法とは、字のごとく”正しく攻める方法”です。

その根拠を導き出している原点は、まぎれもなく「パチンコは確率である」という部分なのです。


機種ごとに抽選確率が決まっていて、確率だからこそ機械割、ボーダーライン、期待値、仕事量などが計算算出されているのです。

つまり、パチンコは確率であり、数学的な根拠を元にして勝てるものでもあります。


また、根幹としてお店側は確率をもとに営業や運用して利益を得ている事も覚えておきましょう。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項