パチンコのカニ歩き打法は勝てるの?【徹底解説】根拠なき立ち回りやタコ粘りはNG

CR画像.5

「パチンコは一台でタコ粘りするよりは、1000円ずつカニ歩きした方が勝てるの?」

結論からいうと、パチンコのカニ歩きは勝てないのでに辞めた方が良いのです。


なぜかというと、そこにはちゃんとした勝てない理由及び負けやすい理由があるのです。

そこで、今回はカニ歩きのメカニズムや現象について解説していきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコのカニ歩き打法は勝てるの?ー


CR画像.4

カニ歩き打法が勝てるものなのかという話の答えとして、これは確かにカニ歩きをした方が勝てる場合もあります。

ですが、もちろん、勝てない(負ける)場合もあるのですし、しかも、連敗する時もあります。


さて、この負けた場合において自分自身に対してどのように説明し、納得ができるでしょう?

もし、ちゃんと納得できる説明ができなければ、カニ歩きなどの立ち回りはやるべきではないのです。


つまり、結果論ではいくらでも言えてしまい、結果が出てからでは遅いのです。

「パチンコで粘ったらハマって負けたから、カニ歩きをしてみたら勝てるようになった」


しかしながら、ずっとカニ歩きで勝てるはずもなく、そんなに甘いものではない事は重々承知かと思います。

そうすると、またコロコロやり方を変えて、負の連鎖におちいってしまう結末になるのです。


ーパチンコはカニ歩き打法の意味とは?ー


CR画像.4

パチンコのカニ歩きとは、一台一台を少額ずつ回していき、台移動を繰り返すという戦法の事です。

一見では「数打ちゃ当たる」ように確かに、これが成功する場合もありますので、意味があると思ってしまうかもしれません。


しかしながら、例えば一つに「少額とはいくらか?」が単なるの打ち手の都合でしかないのです。

言い換えれば、勝てるかどうかの一番重要な部分が漠然としたもので適当なのです。


大事なこ事すが、カニ歩きをしたとして、「一台も引っかからなかったらどうするんですか?」って事なのです。

こんなあやふやな物にに頼っていては、お金がなくなりますし、なかなか勝てなくなるのも当然の話なのです。


ーパチンコの実用的なカニ歩きの方法とは?ー


CR画像.1

パチンコのカニ歩き戦法として、根拠ありきで実用的な立ち回りもあります。

それは、朝一の潜伏確変狙いです。


朝一のランプの点灯具合で確変状態の判別が可能な機種もあり、それらを狙うというちゃんとした戦法です。

ですから、朝一からの本格的なカニ歩き狙いとしては、潜伏確変狙いが唯一の有効な戦法でしょう。


つまり、カニ歩きとは潜伏がある機種であれば、メリットも大きいのです。

なお、スロットでは朝一のメリットが大きい場合もあるのでカニ歩きも有効になりやすいと言えます。


ーパチンコはカニ歩きとタコ粘りはどっちが良い?ー


CR画像.3

実際問題として、カニ歩きとタコ粘りどちらが良いのかというと、タコ粘りのほうが良いのです。

ただし、これは釘が良い台という勝てる根拠が前提条件になります。


というのも、私たちが立ち回る上で必ず、根拠(勝算)がなくてはなりません。

なぜなら、体感や感覚での台選びなどの立ち回りをしてしまうと曖昧で漠然としたものになり、的が外れた勝負となってしまうからです。


なお、粘った方が良いという理由については、別記事にて書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

パチンコやスロットで勝ち逃げする方法はあるの?【徹底解説】長期的なプラス収支を実現するために重要な思考


ーパチンコのカニ歩きが蔓延する傾向や理由とは?ー


CR画像.3

実は、こういったオカルト的な事が通用しやすいというか、蔓延する機種というのは概ね決まっています。

それは、「人気のある機種」や「安定性の高い機種」で機種名を具体的にあげると、海物語シリーズや北斗無双などです。


人気機種はそれだけ打つ人が多く、それだけ体感的に感じる人も多くなる為であり、逆に他の不人気な機種は話題にも上がらないのです。

また、安定性の高い機種は浮き沈みが小さい為、展開や収支が打ち手の意思に近い沿い方をしやすくなるのです。


特に海物語シリーズでのカニ歩き打法などは、かなり流行ったりして有名になった歴史をご存知の方も多いかと思います。

何より、蔓延する一番の理由は、パチンコユーザーのほとんど方が稼働時間が少ない事大いに関係があると考えられます。


ーまとめー


CR画像.4

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・カニ歩き打法は成功する場合もあるが根拠がない為、頼るのは危険である

・カニ歩きは、実はパチンコの抽選の仕組み上から見ても、総じて意味がないがやるかどうかは個々の自由である

・パチンコで勝ちたいならば、カニ歩きではなく、釘の良い台で出来るだけタコ粘りをする事をおすすめする



カニ歩き打法と言えば、谷村ひとし氏が有名なのはご存知でしょう。

ただ、彼は「オカルトである」と公言していますので、それらをまともに信用するに値するかは言うまでもないと思います。


カニ歩きの立ち回りは、どのように活用するかはあなた次第ですが、今一度正しい認識を持つべきでしょう。

そして、ちゃんとした根拠ありきで立ち回るならそれは当然のように良い結果が得られるはずです。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項