パチンコのヘソ釘の見方とは?【強化解説】重要な上下の動きと左右のバランス

CR画像.8

「パチンコのヘソ釘の見方はどのようにすれば良いのですか?」

結論から言うと、ヘソ釘は上下左右の方向から観察することが重要なのです。


実は、たかが一か所の2本の釘でも一言で説明するには足らないくらいであり、ここに釘の奥深さというのがあるのです。

そこで、今回は、ヘソ釘の見方について強化解説をしていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコのヘソ釘の見方とは?ー


CR画像.5

このご時世、「ヘソ釘のサイズは大きいほうが良い」というのは、周知のことだと思います。

しかしながら、ただ単純に横に大きく開いていれば良いとも言えなくなってきているのです。


というのも、ヘソ釘はたかだか2本の釘ですが、釘というものは角度がほんの少し変わるだけで弾道が大きく変化するのです。

もちろん、周辺の釘との兼ね合いも大きくありますが、ヘソ釘一つでも見方は一つではないのです。


具体的に言うと、良し悪しを見極めるために多方向から観察する必要があると考えます。

ヘソ釘2本の動きと良し悪しとともに影響について、以下より解説をしていきたいと思います。


ーパチンコのヘソ釘の狙い方とは?ー


CR画像.3

まず、ヘソ釘がどこに位置しているかというと、上記画像より、液晶画面の中央下になります。

海物語などはヘソの真下に電チュー(パカパカ開くやつ)があり、最近では、ヘソに玉が入賞しても抽選が内部にヘソと電チューで抽選が分かれていたりします。

よって、まずは、なるべくヘソを狙って打っていくわけですが、基本的にお店は、利益を得るためにヘソ釘に玉がなるべく入らないように調整しています。


ともなって、狙い方については、実はこれと言った明確なものはなく、現実的には、なかなか難しいところが多いでしょう。

ただ、イメージとしては、玉をヘソに集めるようなイメージを持ってヘソを狙って打っていくことが重要だと考えます。


ーパチンコのヘソ釘サイズの見極め方とは?ー


CR画像.9

まず、ヘソ釘のサイズ(横幅)は「横方向にどれだけ開いてるか?」が重要になります。

そして、その基準となるのは「カタカナの”ハの字”のようにどの程度開いているか?」です。


サイズの見方としては、真上から見ておでこの中心(まゆげとまゆげの中間)にあてるように見ると良いのではないかと思います。

ヘソ釘の右側は右側へ、左側は左側へ釘が向いていることで開いていると判断されます。


すぐに判断がつかない場合は、一旦、目を離して再度真上から確認したり、場合によっては席に座って間近で確認するのも大切でしょう。

サイズに関しては、単に「横に開いていれば良い」ので、比較的にわかりやすいのではないかと思います。


ーパチンコのヘソ釘の上下方向の見極め方とは?-


CR画像.10

また、ヘソ釘は左右の確認も大事ですが、さらに上下方向の具合も確認しなければなりません。

なぜ、上方向へと上がっている方が良いかというと、”真上のステージから落ちてくる玉のキャッチ率が上がるから”なのです。


例えば、野球でフライが上がり、それを取る際に手を上げて頭上でキャッチすることと、一方でひざの位置でキャッチすることでは前者のほうがはるかに簡単です。

これと同じイメージで、命釘が上がっている方が玉を拾いやすくなるというわけなのです。


なお、上下の具合の確認は、正面から見てもわかりにくいので横方向から覗くように見ると良いでしょう。

出来れば、ヘソ釘の左右が上方向になっているのが望ましい調整となります。


ーパチンコのヘソ釘の左右バランスの見極め方とは?ー


CR画像.9

近年では、左右の釘の内「片方だけが開いている」、または「上がっている」という場合も多く見られます。

例えば、「右側の釘が開いていて上に上がっている」場合は、左から流れてきた玉を受けやすくなるメリットもあります。


また、右側は右向きで良好だけど、左側が右向き(内側向き)などの調整も多く見られます。

こういう台は、左側のヘソ釘で玉がはじかれ、手前でボロボロ落ちることがとても多くなります。


総合的に見るとバランスが悪く、ステージからのキャッチ率(入賞率)が低下してしまうのです。


ーパチンコのヘソ釘が折れるとどうなる?ー


CR画像.4

ごくまれではありますが、ヘソ釘が折れてボロっと落ちてしまうことがあります。

これは、常時、固い銀玉の直撃での、いわゆる釘の老朽化が原因です。

そして、折れるとどうなるのかというと、千円で60回や100回などいわゆる「ブン回り」になります。


一見、打ち手には嬉しいことではありますが、そのまま知らんぷりで打っていても、お店側はすぐにわかってしまいます。

また、その人のイメージも超ダウンしてしまい、今後の大きな痛手になりますので、すぐに打ち出しをやめて店員さんに報告したほうが𠮷です。


ーまとめー


CR画像.9

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・ヘソ釘は左右のサイズ幅だけではなく、上下の動きや左右のバランスも見たほうが良い

・ステージからの入賞率も重要でそこを考えるとと、ヘソ釘は上方向に上がっている調整が良いし望ましい

・2本のヘソ釘は左側の釘が左上方向、右側の釘が右上方向になっているのがベストな調整と言える



ヘソ釘を見ることは釘読みのスタートではありますが、単純に流して終わりではなく、しっかり見て観察することが大切です。

そうすると勝つためのパチンコ実践としても中身がかなり濃く変わり、向上するでしょう。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

【YouTubeチャンネル】
↓↓↓

甘デジ専門セミプロのパチンコ常勝チャンネル


・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項