パチンコのボーダー理論を実践しても勝てないのはなぜ?【徹底解説】結果が出ない3つの大きな理由

cr.画像1

「パチンコのボーダー理論を実践していますが、なかなか勝てません。どうしてなのでしょうか?」

結論からいうと、ボーダー理論では勝てないほうがおかしいと言っても過言ではないのです。


実は、「正攻法であるボーダー理論や期待値で実践しているけど勝てない」という方は多いのです。

そこで、今回は、ボーダー理論で勝てない理由や対処法を解説をしていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコのボーダー理論を実践しても勝てないのはなぜ?ー


CR画像.1

まず、部分的や一時的に見れば、ボーダー理論や期待値で打っていても勝てないと思う場面は多々あります。

ですが、繰り返しになりますが、長いスパンではボーダー理論や期待値理論で勝てないほうがおかしいというくらいなのです。


そこには「なぜ?勝てないのか?」というちゃんとした理由があるはずです。

具体的にボーダー理論や期待値理論で勝てない理由は、主に2つあると考えています。


・ボーダー理論への根本的な理解不足

・ボーダー理論を忠実にかつ徹底して実行できていない



これは、幾度となく書いていますが、この「頭で理解して、忠実に実行する」という基本的なプロセスです。

とくに、後者の実行(実践)する場面では、大半の方が挫折してしまう可能性が高いのです。


ーパチンコのボーダー理論は収束しないから勝てないの?ー


CR画像.3

先日、しきりに「パチンコのボーダー理論では勝てない」と主張しているブログを拝見してみました。

その中で内容として、訴えられている主な主張は以下の通りです。


「ボーダーを超えるような回る台を打っているけど、当たらないから勝てない」

「ボーダー理論でやってるけど、収束しないから勝てない」



前者は釘の良い台を打つ理由を見失っていたり、後者においては、収束しないから勝てる場合もあるのです。

要するに、これらは理解不足の段階であると言えるでしょう。


対処法として、根本が間違っているわけですから、これは、実践の前に戻らなくてはなりません。

というように、勝てないという原因の多くは、ボーダー理論を漠然と「中途半端にやっている」ことが大きいのが現状です。


ーパチンコのボーダー理論でも当たらなければ意味がないの?ー


CR画像.4

一方で、ボーダー理論を頭では理解している人にありがちなパターンは以下の通りです。


「回ってるけど、激熱リーチも何も起こらないのでやめた」

「釘の良い台だけど、隣のほうが出そうだから移動した」

「ボーダーを大きく超えてはいたけど、新台を打ちたかったので捨てた」



せっかく回る台や釘の良い台を探してたどり着いたのに、これでは理論が身を結ぶはずもないのです。

また、ハイエナと言われる潜伏確変を拾った時なども、同様にちゃんと決められたやめときの回転数を守らなくてはならないのです。


勝つための理論に沿った場面や部分だけを打っていくことができなければ意味がないのです。

ですから、忠実に徹底して実践や実行しているとは言えず、結果が出るのは難しくなるのも当然のことなのです。


ーパチンコのボーダー理論の実践に必要不可欠なものとは?ー


CR画像.1

行動とは、言わば立ち回りのことで、頭で理解して、行動を徹底することなのです。

多少厳しいようですが、立ち回りにおいては、いわば勝利に従った規律が多く存在しています。


ですから、最終的に「なかなか勝ち越せない人」や「負けてばっかりの人」などに足りないものは、「立ち回りの規律」と言っても過言ではありません。

実行において規律を持ち合わせていないと、メンタル面がブレブレになりますし、勝てないというのも当然の話なのです。


つまり、立ち回りの規律が守れない(存在しない)とボーダー理論が意味をなさないとも言えるのです。

ですから、ボーダー理論の実践において、実行や行動で挫折する人がほとんどなのです。


ーボーダー理論は現実的には実行する壁が高いの?ー


CR画像.1

ボーダー理論を忠実に実践することにおいて、大きな壁から小さい壁までとにかく壁が多いです。

というのも、実は、ボーダー理論が通用するような釘調整の台というのは、ほとんど存在しないのです。


そんな調整の台が1店舗の中にどれくらいあるかというと、だいたい1台、2台とかそのレベルです。

ですから、現実には「ボーダー理論の実践だ!」と言っても本当に戦える台にたどり着けないことが多いのです。


さらに、1台見つけたとして、時間のある限りずっとその台をひたすら打ち続けられますか?

つまり、ボーダー理論の一番大きな壁とは、理論実行者のメンタル面なのです。


ーパチンコのボーダー理論を実践すると出来上がるイメージ図とは?ー


CR画像.1

パチンコのボーダー理論(期待値)を根気よく実践していくと、収支のグラフがこのように推移していくことになります。

イメージ図を見るとわかりますが、負ける時はもみ合うようにゆるやかで、勝つ時はグン!と収支が伸びていきます。


その結果、右肩上がりという感じが、いわゆる「ボーダー理論での勝ち方」というものです。

つまり、ここで起こっていることは、損小利大というシンプルな戦法の実現なのです。


切り取っただけの一時の勝ち負けや収支にとらわれず、日々の実践では損失を最小にしていきましょう。

また、ぜひ、このトータル的な勝利やプラス収支の推移イメージを忘れないで根気よく実践を積み重ねてみてください。


ーパチンコのボーダー理論を実践の検証例とは?ー


CR画像.1

さて、ここで上記のイメージにもどづいて、自身の実践結果を参考程度に紹介しておきたいと思います。

※2017年の成績

1月 +159,400円

2月 +299,200円

3月 +57,900円

4月 +325,000円

5月 -4,200円

6月 +106,700円

7月 +150,000円

8月 +120,000円

9月 +207,000円

10月 -45,000円

11月 +107,000円

12月 +68,000円


これはリアル収支であり、仕事帰りや休日のみの実践にて、この年は月間単位のマイナス収支が2回ありました。

しかしながら、ご覧のように、月間単位やそれ以上のスパンでは、損小利大が実現できているのではないかと思います。


ーまとめー


CR画像.3

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りです。


・ボーダー理論で勝てないのは、自身のボーダー理論や期待値への理解不足が原因である

・ボーダー理論で勝てる台は釘が良い台であり、そもそもこのような台はホールにごくわずかしか存在しない

・ボーダー理論は、頭で理解しても実行できないことが大きな問題であり、多くの人が抱える課題である



何度も書いていますが、ボーダー理論(期待値)とは、機械割です。

どんな理由があるにせよ、機械割を無視することで損をすることは何もないのです。


これらの稼働を積み重ねることで、すなわち、必然的に長い目で、損小利大の稼働をしていることにもなるのです。

そして、短期的には収支が上下しても、長期的には、とても負けにくくなるものであり、むしろ、これで負けるほうがおかしいといっても良いくらいのことなのです。


負けないことは、やがて恒久的な勝ちへと繋がっていくということでもあり、忠実した実践と継続が実をむすぶことも意味しています。

ボーダー理論で勝てないことは、決してなく、自身のモチベーションやメンタル面とともにブレない実践や稼働を続けていってほしいと思います。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング