パチンコの回転数は電圧で制御してるの?【徹底解説】突然回らなくなる現象と原因

cr.画像1

「パチンコの千円辺りの回転数は電圧でコントロールしているんでしょうか?」

結論から言うと、回転数はお店によってコントロールされていることは間違いないのです。


何より、この現象ついては多くの方が体験しており、意図的な操作や疑問を感じていることでしょう。

そこで、今回は、回転率(回転数)についてムラの原因や対策を解説していきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの回転数は電圧で制御しているの?ー


CR画像.1

この回転ムラで少し調べてみると、ユーザーらの中の一部では「回転ムラは電圧の上げ下げによるものだ」と騒がれているようです。

ですが、冷静に考えていただきたいと思いますが、電圧で制御できるなら釘調整する必要がないのです。


現実を見ても、釘は締まっていることは誰しもわかることで目を背けられない事実です。

ですから回る回らないという、いわゆる回転ムラに関しては、裏で何か操作しているということはないのです。


このパチンコの電圧の話しは、パチンコ機は一般家庭用の電圧100Vでは動かせないので、24Vに変換して動かしているわけです。

おおむね、これらの電圧のことを混同し、はき違えているのではないかと思われます。


ーパチンコの回転数はヘソ付近の電磁石で制御しているの?ー


CR画像.1

「ヘソ付近の電磁石で回ったり回らなかったりをコントロールしている」

さらに、パチンコユーザーの中では、単純にこのような憶測も広がっています。


近年では、一時的や瞬間的には、極端に回ったり回らなかったりする現象も日常的にあり、気持ちとしても理解はできます、

ですが、上記でも書きましたが、ヘソの釘を締めればそれだけで済む話なのです。


そもそもとして、お店はパチンコの回転率(千円辺りの回転数)は平均で見ているのです。

ですから、お店は何年、何十年と利益を得て経営していく上で、たかだか、数百円分や数千円分の回る回らないを気にしていないのです。


ーパチンコで1000円辺りの回転数の上下が激しい理由とは?ー


CR画像.1

上でも書いたように、お店は回転率を長期的に平均値で見ているのです。

つまり、長い目でみて、回らないような釘調整をしている、すなわち、釘を締めてほったらかしにしているのです。


もし、目に見えて、安定して回らないようであれば、お客がだれも打たず、稼働がゼロ状態になってしまいます。

こんな現実があるのかと思いきや、図らずもまさしく、地方ではこれが現実となっているのです。


ですから、おおむね寄り釘を悪くして、回ったり回らなかったりという現象が起こるようにしているのでもあります。

ある意味では、意図的に、一時的に回転ムラが発生するように釘調整をしているとも言えるのです。


ーパチンコで1000円平均10回転の台がある理由とは?ー


CR画像.3

なぜ、平均的に回らないのかというと、平均的に回らないようにして利益を得るためなのです。

そう考えると、お客側とすれば「平均的に回らない台はダメな台」ということにもなります。


このような台はもちろん釘を極限まで締めているため、やればやるほど”負けが込むだけ”ということなのです。

なにより、この場合、少なくともお店側と同じ視点に立たなくてはなりません。


つまり、上下の振幅は起こるものだと認識し、回転率というのを平均的にみて、とらえていかなくてはならないのです。

いっぽうで、お客の大半が、平均的で見るなんてことはしておらず、むしろ、回転率としてみてもいないのが現状なのです。


ーパチンコで突然回らなくなるのは電圧が原因なの?ー


CR画像.3

ずっと腰を据えて打っていても最近の台は、たとえ1万円単位だったとしても上下の振幅が大きかったりもします。

例えば、最初の1万円投資したところで、220回回ったと思ったら、次の1000円で10回、次の1000でも10回…というような極端な場合も見受けられます。


このような台は、いわゆる「急に回らなくなる」といった現象が発生します。

体感としても、何かにとりつかれたかのように突然ピタリと回転が止まるため、一般的には不可解な現象で何か疑念を持ってしまうかもしれません。


しかし、単純に玉を通る途中の各箇所の釘が悪いのです。

原因としては、一概に言えませんが、ストロークの位置がズレていたりすることもよくあり、訂正や調整しなおすなどの対応が必要です。


ーパチンコで急に回らなくなるのは遠隔操作が原因なの?ー


CR画像.3

「パチンコ屋は遠隔で回転数を制御しているから、急に回らなくなる」

この現象は非常に不快極まりないですし、この意見も重々理解できますが、遠隔とはまた別問題です。


遠隔で制御するのなら、当たる当たらないを操作したほうがよほど良いのです。

そういった意味では、遠隔で回転数を制御することに意味がなく、必要性もないのです。


途中からではなく、最初からまったく回らないこともあり、お店はわかってやっていることですので、遠隔どころの話ではないのです。

ある意味では、打つなと言わんばかりにお客を離れさせているのですから、世話がない話しでもあるのです。


ーパチンコで最初の500円で5回転以下の台はすぐ辞めるべき?ー


CR画像.4

一般的に考えると、ホールには回らない台のほうが圧倒的に多いです。

この現状を考えれば、過度の期待をして追い続けることよりも、見切るほうに重きを置いて、スパッと捨てる事が大だと考えます。


「500円で5回転以下の台は、ほぼ抜き(お客に勝たせる気がない)が確定する」

上記のようにも言われているくらいですので、もし、1000円で10回転などであればすぐにやめたほうが良いでしょう。


なお、自分自身の勝負するボーダーラインは、あらかじめ決めているはずですから、このラインに足りるのか足りてないのかくらいは、大体分かるはずです。

また、どうしようかなという感じで微妙な数値を推移しているときは、続行するほうが勉強になりますし、今後の役に立つはずです。


ーパチンコのストロークが安定しないことも関係あるの?ー


cr.画像1


「どうせ、お店がコントロールしているんだから、お客はストローク調整しても意味がない」


このように頭ごなしの意見もあるのですが、決してそうではありません。


パチンコユーザーによるストロークの調整は絶対に必要なものです。

こまめにストローク調整は昨今においては、特に重要性が高い部分となっています。


なにより、勝ちたいならば「回そう!回してやるぞ!」という意識はとても重要です。

ユーザー側が何も考えない、行動しないことこそがお店にコントロールされる隙であるのです。


ーまとめー


CR画像.3

まとめとなりますが、今回の記事にて重要なポイントは以下の通りとなります。


・回る回らないは電圧は全く関係がないが、意図的に回転ムラが発生するように調整している

・回転率はお店の釘の調整によって平均的に回らないようにコントロールされている

・回転ムラはついて回る現象ではあるが、いかなる理由でも回らない台は打ち続けてはダメ



パチンコの回転数が電圧や遠隔などの思考に至るのではなく、回転ムラを見極めることが最重要となります。

大変ではありますが、回転ムラを乗り越えてこそ、数少ない勝負台を見つけ探し出し、そこから勝つパチンコが始まるのではないかと思います。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング