パチンコの止め打ちは禁止されてるの?【徹底解説】ハウスルールと注意すべきポイント

CR画像.5

「先日、パチンコでの止め打ちを注意されました。これは禁止されてるのですか?」

結論からいうと、パチンコの止め打ちは、禁止行為ではないのです。


近年ではお店側が口頭で注意をしてきたり、出禁にしたりといった行為がとても増えていると感じます。

そこで、今回は、止め打ち(技術介入)について基本や注意点などを解説をしていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの止め打ちは禁止されているの?ー


CR画像.1

パチンコは”遊技”という名があるくらいですから、止め打ちは技術介入の一つですので本来、禁止されているわけではありません。

むしろ、この技術介入性があるからこそ、パチンコはギャンブルや賭博ではないと言い張ってきたわけです。

ただし、店によりハウスルールというのがあり、止め打ち禁止という名でお客に一方的に押し付けてくる場合があります。


現にホールによっては、止め打ちなど通常の技術介入においては、まったく対応が変わってきます。

ひどい場合は、大当たりラウンド間や通常時の保留止めすら禁止される場合もありますし、一方では「技術介入はパチンコパチスロの楽しみの一つ」と言っている店長さんもいるくらいです。


ーパチンコの止め打ちは違法だから禁止なのか?ー


CR画像.1

『禁止されているからには違法なのでは?』

たしかに禁止については、そこに何か正当な理由があるのではないかと思ってしまいます。

が、単に『上手い人が打ってしまうと機械割が下がらず儲けが減るため』と言えます。


タイミング打ちや単発打ちなどやらい方の止め打ち行為は、昔、梁山泊という攻略軍団が止め打ちにて乱数を狙っていたことでそこから急速に厳しくなりました。

ですが、これすらも違法性はなく、現在の単なる無駄玉節約するだけの止め打ちなど、細かくはやり方が違えどもにおいても何も違法性はないのです。


ーパチンコの止め打ちや捻り打ちとはどういうもの?ー


CR画像.6

パチンコの止め打ちとは、その場面に応じながら玉の打ち出しを発射したり停止したりを繰り返すことです。

通常時や大当たり中、確変中、時短中とすべてにおいて介入が可能で、その中で一時的や瞬間的に打ち出したり止めたりをするのが現代のやり方でもあります。


特に止め打ちを実行することで出玉を多く獲得できたりするため、止め打ちと言ったら”大当たり中や電サポ中”と思っても良いでしょう。


それくらい止め打ちは、大当たり中や電サポ中である確変中や時短中での役割が大きいと言えます。

止め打ちをする理由は明確で、勝つためであり、利益のある場面に限定して玉を発射や停止することが目的なのです。

これは、一種の技術介入の一つであり、パチンコは本来遊技として技術介入があるものなのです。


ーパチンコの止め打ちの効果は機種や釘に依存する?ー


CR画像.10

止め打ちの効果があるかどうかや効果の度合いは機種や釘の状況に依存します。

ですから、やってみないとわからないということも大いにあるのです。


ある程度出玉面のゲージの構成を見て判断できる場合もありますが、効果がの有無に関わらず、やってみることが大切です。

というのも、やるやらないという意志は自由なものの、そのメリットには雲泥の差があります。


もし、やってみて効果があった場合、それはあなただけしか知らない超お得な情報にもなりえるのです。

なお、サイトやブログなどで、止め打ち手順が紹介されている場合もありますので事前チェックしてからその機種を打っていくのも良いです。


ーパチンコの保留止めも禁止?スロットの目押しも禁止?ー


cr.画像1

パチンコの止め打ち禁止は、スロットでいうところの目押し禁止ですが、近年ではスロットでも少しづつ聞くようになりました。

スロットであれば、だれもがコインを少しでも多く獲得したいわけですし、さらにメーカーがそれすらを売りにしていることさえあるわけです。

なんとも矛盾したバカげたおかしな話だと思うのではないでしょうか。


ですが、実は、パチンコのストップボタンの使用禁止や通常時の保留止め禁止、スロットの目押し禁止などになった場合は、それはもう止め打ちなどの次元ではないのです。

とにかく「このお客を出入り禁止にしたい」というお店の強いメッセージでもあるのです。


ーまとめー


CR画像.9

まとめとなりますが、今回の記事にて重要なポイントは以下の通りです。


・止め打ちは、パチンコスロットの遊技における正当な技術介入であり、違法性もない

・ハウスルールで禁止している店もあり、ハウスルールにもさからえないため、基本的には打ち手が注意するしかない

・止め打ち禁止を言われた場合、それは技術や度合いでなく、お店はあなた(人物)を見ている



止め打ちなどの技術介入度は、近年の機種ではそこまで差が出るものも少なく、大きな余地は無いと言えます。

そんな中でも禁止が横行するようになった一番の背景には、ユーザー減少によるお店の経営状況の悪化です。

止め打ちをおこなう際には、自己中でなく、この辺の思いも汲み取りつつ、お店とお客、双方の良いバランスを考え、保ちながら遊技をしていくことがベストなのではないかと思います。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

【YouTubeチャンネル】
↓↓↓

甘デジ専門セミプロのパチンコ常勝チャンネル


・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項