P戦国乙女5 10th Anniversary|ボーダー|甘デジ|トータル確率|攻略情報|スペック

CR画像.1


本日の新台情報は、戦国乙女5の甘デジになります。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ー基本的な流れー



本機は、100%で確変に突入し、28回限定のST確変タイプとなっています。

スペック自体は従来の同機種にかなり近い仕様となっており、連チャンや出玉の獲得への流れは基本的に同じです。


初回の初当たりにおいては、28回のST経由からの突破型となり、ST中に当たりを引けなければ苦しい展開にもなります。

ST100%突入ではあるものの、その点においては、多少、展開や収支が荒れやすい印象はあります。


ースペックボーダーラインに関してー



まず、ヘソ賞球3個となっています。

平均連荘は2.9連程度と、標準的なラインよりは優遇されている印象です。


一方で出玉面は、大当たり賞球やカウントよりも大当たりが前作に比べ5Rや10Rとダウンしており、この影響で全体のスペックを落としています。

よって、これらを加味した総合的なボーダーラインの平均では辛めの印象と言えます。


ー大当たり中や電チューサポート時に関してー



当機は、右打ち機で電チュー戻しは1個のため、電サポ中にて、ボーダーラインの底上げの可能性はありません。

また、電サポ中は、時短が100回が乗ってくる為、打ちっぱなしでは確実に出玉をロスしてしまう可能性もあります。


よって、この間は、できる限り出玉の減らないように工夫しながら打っていくように意識しましょう。

また、大当たり中は、賞球10個と小さいですが、大きな影響が出てくる数値となっています。


何より、ボーダーラインの底上げの唯一の機会ともなりますので、少しでもアドバンテージを得るようにつとめましょう。


ー個人的な総合評価ー



総合的な評価としては、スペック・ボーダーラインの数値などを確認するに、辛い部類と言えそうです。

なお、トータル確率などの数値を見るに出玉獲得によるボーダーラインへの影響はある数値と言えます。


よって、出玉の増減に関わる大当たり中及び電サポ中の消化には十分に注意しましょう。

また、相場を考慮すると、終日勝負においての目標回転率は24~25回/千円ほどが望ましいところです。


人気がある機種ではありますが、勝つことを考えれば、かなり慎重な台選択が必要でしょう。

アタッカー付近やスルー、電チューなどの釘調整をあらかじめチェックしておくことも大切となります。



出玉をマックスで獲得できた時点のボーダーラインは、20.7回/千円付近となります。
(1Rあたりの獲得90個)


推定相場 1Rあたりの獲得85個 22.0/千円

実践される場合は下記数値を参考にがんばってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ー基本スペックー


■通常大当たり確率(確変確率) 1/99.9(1/43.1)
■確変突入率 100%(ST28回)
■時短 28、100回
■賞球 3&1&5&10
■カウント 9C
■大当たり振り分け

ヘソ
5R確変(電サポ28回):80%
2R確変(電サポ28回):20%

電チュー
10R確変(電サポ100回):10%
5R確変(電サポ100回):90%


■大当たり出玉
10R:850個
5R:425個
2R:160個

ー攻略スペックー


■トータル確率 1/34.2
■当数1回辺りの平均出玉 390個
■千円辺りのボーダーライン
4.0円…21.9回
3.5円…22.7回
3.0円…23.5回
2.5円…24.5回
※持ち玉比率70%時、1R辺りの獲得85個
消費税3%負担で上記数値に×1.03
(1円パチンコは上記数値×4)

※一緒に覚えておくべき重要記事
パチンコ屋はなぜ儲かるのか?【重要】お店の運営や経営と利益が出る仕組み
パチンコの抽選の仕組みとタイミングとは?【超重要】大当たり確率の完全確率と独立試行


コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項

スポンサードリンク

人気記事ランキング