パチンコの天井(遊タイム)ハイエナ方法とは?【徹底解説】天井期待値と注意すべきポイント

cr.画像1

「パチンコの天井(遊タイム)狙いは、どのように立ち回れば良いのですか?」

結論から言うと、天井狙いは期待値を絶対的な軸として立ち回っていく必要があるのです。


その為には、天井の期待値というものを理解しておく事が先決なのです。

そこで今回は天井狙いについて見るべき部分や立ち回りを解説をしていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ーパチンコの天井(遊タイム)ハイエナ方法とは?ー


CR画像.3


繰り返しになりますが、天井狙いの立ち回り方法は、期待値を参照して打つ打たないを決めます。

で、現在ではすでに回転数別の期待値はインターネットで探せば容易に見られる事だと思います。


※何回転から打つ?期待値
300回転~(天井まで残り300回転)-754円
350回転~(天井まで残り250回転)+821円
400回転~(天井まで残り200回転)+2669円
450回転~(天井まで残り150回転)+3971円
500回転~(天井まで残り100回転)+5546円
550回転~(天井まで残り50回転)+7121円

上記は真花月2の参考天井期待値です。

なお、真花月2のスペックに関わる詳細説明は別記事にて書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

Pフィーバー真花月2天井(遊タイム)付き|ボーダー|トータル確率|ライト|攻略情報|スペック


見方としては、例えば、「550回転(天井まで残り50回転)から打ち始めて大当たり終了後即ヤメにて+7121円の期待収支がある」という解釈になります。

ただし、これを見ただけで判断し、打つ事は危険でもあり、おすすめできないと言えます。


ーパチンコの天井ハイエナ期待値とは?ー


CR画像.3

天井(遊タイム)付きパチンコは昨今登場したばかりですが、ざっと見てもタイプ別に以下の傾向があります。

「甘デジ<ライト<ミドル」の順に天井の期待値が高くなる事で通常時と天井時のバランスを取っている


お店側の運用としてもミドルは天井の期待値が高い分、通常時が辛くなるという傾向です。

よって、期待値だけを見て打ってしまうとどうしても実は安くても打ってしまう事にもなりますし、結果的に勝ちにくくなってしまいます。


回転数期待値時給
300回~-754円-251円
350回~+821円+273円
400回~+2669円+1067円
450回~+3971円+1985円
500回~+5546円+3169円
550回~+7121円+6192円


という訳で、ここからがとても大事な部分と考えますが、天井狙いの立ち回りの際には期待値の時給を考えるべきです。

この辺をふまえて、天井の期待値だけで見るのではなく、期待値時給を考慮して天井狙いをしていくべきでしょう。


ーパチンコの天井期待値による時給はいくらを目指すべき?ー


CR画像.4


「では、期待値表を見たところで、どのくらいの回転数から打てばいいのか?」

どのくらいから打つのが理想なのかわからなかい方も多いかと思います。


というのも、スロットであれば、回せるスピードが早く期待値表を見てさっと打てた面もあるかと思いますが、パチンコはそうもいかないでしょう。

個人的な見解となりますが、上記のタイプ別バランスや妥協面を加味した上で以下をおすすめしておきたいと思います。


ミドルタイプ時給2000円以上
ライトタイプ時給1500円以上
甘デジタイプ時給1000円以上


天井狙いはもとより、通常時でのパチンコ稼働においても勝ちを志すならば、このくらいの時給を目指すべきでもあります。

このラインを持ち合わせて、それ以上なら打つ、打たないを明確にしておく事もまた重要でしょう。


ーパチンコの天井ハイエナにおける鉄則とは?ー


cr.画像.2

さて、パチンコの天井狙いの立ち回りには覚えておくべき鉄則がありますのでご紹介します。


どの回転数で当たりをひこうがヤメ時は基本的に大当たり終了後即ヤメ厳守

天井狙いは数十回繰り返す事でやっと結果が出る認識であり、すぐに結果は出ない

通常時や電サポ時、大当たり中はすべてフル攻略で消化する


パチンコに関しては、通常時の回転率アップや止め打ちなどの機種ごとに細かい作業が必要で、なかなか容易な事ではないかもしれません。

そういう意味では、力量に自信のない方が天井を狙う際には、かなり天井から近い台を打っていく必要もあるでしょう。


ーパチンコ天井ハイエナの注意点とは?ー


CR画像.1

また、パチンコに天井が搭載されたことにより、仕事帰りなどからの天井狙いの立ち回りも有効になります。

この際は打ち始めの回転数もそうですが、閉店時間との兼ね合いが重要になります。


パチンコはスロットよりもプレイスピードが格段に遅く、より時間を考えて立ち回っていかないと逆に損をする場合もあります。

例えば、閉店時間が22:50だとして、仕事帰りの20時頃から天井の300~400回転手前を打ち始める行為は危ないです。


さらに、この時間との兼ね合いは天井狙いだけではなく、腰を据えて打つ際にも重要になります。

ついては、機種のミドル、ライト、甘デジのタイプや消化スピード性能、天井仕様などを事前に十分にチェックしてから打つようにしましょう。


ーまとめー


CR画像.3

まとめとなりますが、今回の記事で重要なポイントは以下の通りとなります。


・天井狙いの立ち回りの際は、まず期待値表を確認し、期待値の時給で見て台選択をする

・パチンコは細かい作業が多く、力量に自身のない人はなるべく天井から近い台を打っていく事が重要である

・仕事帰りからの天井狙いの際は、閉店時間を必ず意識し、また通常稼働でも残り時間に注意が必要である



今後、パチンコの天井狙いをする方も増えてくる事と思います。

その際には、期待値を軸とし、更に時給で狙い目を見極めて、効率良い立ち回りや良い成果につながる事でしょう。



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

スポンサードリンク

プロフィール

doafx

Author:doafx

・性別:男性
・年代:40代
・生息地:秋田県
・パチ&スロ歴:約20年
・稼働スタイル:兼業ジグマ
・稼働メインタイプ:甘デジ、ライト

※相互リンク等は随時受付中です!
コメントやメールホームから気軽にどうぞ♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチンコランキング

検索フォーム

管理人へのお手紙

もしご質問等がありましたらこちらからだと直接管理人に届きます。お気軽にどうぞm(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシーと免責事項